image01 キーワードimage01 キーワードimage01

SNAをお得に利用するなら、バーゲン運賃について知っておこう

ソラシドエアは、元々の航空券代金も、大手航空会社の普通運賃よりも安い設定になっています。ですが、バーゲン運賃という設定があり、それを利用することで、もっとソラシドエアをお得に利用することができるので、それについて見ていきましょう。

SNAのバーゲン運賃とはどんなもの?どんな種類があるの?

今の時代、普通運賃の航空券を購入する人は少ないかもしれません。格安航空券もたくさんでていますし、LCCもあります。さらには、大手航空会社も割引運賃を設けているので、普通運賃だけで提供してもお客様(消費者である私達)が利用しないのです。

もちろん、ソラシドエアも割引運賃を設けており、その代表格となっているのが、バーゲン運賃というものです。なんと、出発日の75日前(通常国内線は2ヶ月前までの便までしか予約できません)、60、35、28、そして14日前までと、5種類のバーゲン運賃が設定されています。

例えば、羽田空港から鹿児島路線で、バーゲン75だと、8,500円から利用可能です。14日前になると13,000円からと、それでも高くないのですが、早く購入すればするほど安い料金で、航空券を購入できるのです。ちなみに、出発、7、3、1日前までも名前は異なりますが、特売りとして、割引運賃を提供しています。

出発日を14日前までにフィックスすることができなかったという方も、まだ割引運賃は他にもあるので、諦めないでくださいね。

バーゲン運賃を使うメリットとデメリット

バーゲン運賃、値段の面では、本当にメリットとなりますよね。九州路線は、大手航空会社ともなれば、普通運賃で今では4万円ほどします。それをこれだけ安く購入できるのはありがたいことです。

しかし、同時にデメリットがあるということも覚えておきましょう。その1つが変更ができないということです。安い料金にはこういった注意点が必ず存在しているので見落とさないでくださいね。例えば、日にちは変わらないけど、便を変更したいということもできません。

これは例え、変更したい便にどれだけ空席があっても適応できません。払い戻しに関してはできます。ただし、搭乗日60日前までは全額返ってきます。59日を過ぎると、50%のみ、乗る予定だった便が出発した後は、それはできません。

また、片道(航空券1枚)に対して、430円の払い戻し手数料が発生します。もちろん、天候や航空会社の都合で欠航になったりで、航空券を使わなかった場合には、また別の手続きとなるので、その際には航空会社にきちんと確認するようにしましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2018 ソラシドエアのサービス、運賃、すべてを知ってうまく活用しよう! All Rights Reserved.